基本理念

北海道トンボ(株)及びトンボクロージング(株)は、トンボブランドを旗印として、最良のユニフォームメーカーをめざします。地球環境の保全が最重要課題の一つであることを全社員で自覚し、次世代に向けてトンボが雄飛する美しい地球環境のもと、豊かで住みよい循環型社会を実現する企業活動を展開し、社会に貢献します。

行動指針

1. 環境経営システム(環境マネージメントシステム)の確立と継続的改善の推進

私達は、環境省が策定した「エコアクション21」に基づいた環境経営システムを構築し、実施し、維持し、定めたテーマに沿って、環境パフォーマンスの継続的な改善活動を推進します。

2. 環境保全活動の推進

私達は、環境に与える影響を認識し、評価し、汚染の予防を含めて、環境影響を考慮した企業活動を展開します。

3. 環境上の法的要求事項及びその他の要求事項の遵守

私達は、当社の環境側面に関して適用可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求を遵守します。

4. 企業活動の展開

私達は、ユニフォーム等の企画、設計、製造、販売において、環境影響を考慮し、また地球温暖化防止に向け、日常業務と一体化した活動を展開します。

  1. 環境に配慮した素材の導入と製品開発、販売の推進。
  2. 使用原材料に含まれる有害物質の安全基準の遵守。
  3. 資源の有効活用及び省エネルギーの推進によるCO2排出量の削減。
  4. 廃棄物排出量の削減及び3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進。
  5. ガソリン・軽油使用量の削減。

5. 自然保護活動の推進

私達は、以下の自然保護活動を推進します。

  1. トンボ環境委員会活動の推進
    NPO法人 「カラカネイトトンボを守る会」の協賛支援
    ナショナル・トラスト運動による篠路福移湿原の保護・保全運動
    社会福祉法人札幌市社会福祉協議会ボランティア研修センターの支援
  2. トンボ絵画コンクールへの支援
  3. トンボと自然を考える会への協賛支援

6. 環境方針の周知徹底と公開

環境方針は、社員並びに当社の企業活動への協議者に環境教育を通して周知し、全員が理解、実践できるよう啓発活動を推進します。
また、この方針は広く一般の人々に公開して、社会と共生する環境活動を推進します。

2010年11月5日宣言
北海道トンボ株式会社
トンボクロージング株式会社
代表取締役社長 八杉 幸治